原一探偵事務所・松山支社

松山相談室

【上掲写真: 原一・松山の明るく清潔な相談室】

張り込み・尾行に支障をきたすため、探偵の顔にはモザイクがかけてあります。

 

探偵・興信所業界は零細業者がひしめく業界ですが、特に四国には大手・中堅の支社もほとんどありません。

 

唯一の例外が原一探偵事務所です。

 

創業42年、全国18か所に自社拠点を持つ最大手で、非常にレベルの高い調査力を持った探偵社です。

 

ローカルな零細事務所では力不足な案件も、ここに頼めば見事に解決してくれます。

 

業界では珍しい、情報公開に積極的な探偵社ですが、個人サイト作成者の私の取材申し込みを受け入れてくれました。

 

知っていると役に立つこともあると思うので、紹介しておきます。

 

原一探偵・松山支社が基本料金半額クーポン提供中!

 

原一探偵事務所の概要

探偵業の届出は5,670社(平成25年度警察資料)もありますが、届出だけで常態的に営業していないところも多いです。

 

大半が個人業者で、株式会社は登録数の1/3以下、全国展開企業となるとわずか数社にすぎません。

 

原一探偵事務所は全国18拠点の最大手で、創業42年を越えました。

 

四国に拠点を持つ唯一の大手で、支社は松山にあります。

 

POINT 1 高い調査力

非常に高いチーム尾行スキルを持っており、特に車両尾行においては並ぶ者がありません。

 

100台以上の自社車両と業務無線、豊富な撮影機材を保有しています。

 

新幹線や飛行機を乗り継ぐ相手でも失尾せず、近距離から気づかれずに決定的場面を撮ってきます。

 

尾行訓練の視察を外部に許している唯一の探偵社であり、自信のほどが伺えます。

 

行方不明者捜索も得意で、テレビの人探し番組で高い発見率実績を残しています。

 

■ハライチ松山支社の探偵に聞く

Q. 依頼を決めてもらえる要因は何ですか?

 

A. やはり創業42年の信用と全国展開というのは大きいです。

 

しかし、調査内容の提案、その後のサポートなども大きな決め手になっていると思います。

 

物を売る商売ではないので、相談の担当者の、熱意や誠意や優しさ、時には厳しさだと思います。

 

POINT 2 全国18箇所自社拠点展開

札幌/仙台/高崎/千葉/埼玉(川越・大宮)/東京(日本橋・新宿)/横浜/静岡/名古屋/大阪/神戸/岡山/松山/広島/福岡

 

他社では「拠点」といっても相談員のみで自社探偵がいない「営業拠点」であったり、提携他社にすぎない場合が多いですが、ハライチは違います。

 

すべての拠点に土地勘のある自社探偵がおり、他拠点からの依頼に即応できます。

 

また、拠点のない地域の仕事も受け、出張費は取らず全国統一料金です。

 

POINT 3 誠実な料金システム

追加請求を膨らませて最初の提示金額の何倍にもなるなど、他社では料金トラブルも多い探偵業界。

 

原一の場合は、綿密な調査計画を立てて着手前に費用総額を確定させ、追加請求をしません。

 

この透明な料金システムも信頼されている要因です。

 

基本料金50%OFFクーポン

クーポン

現在、原一探偵事務所が当サイトのユーザーに基本料金半額のクーポンを出してくれています。

 

「クーポンを見た」というだけで基本料金が半額になります。

 

ただし、電話番号がクーポン識別番号を兼ねているため、下記リンク先の電話でないとクーポン適用にならないのでご注意ください。

 

原一探偵 基本料金50%OFFの連絡先はコチラ(24時間相談無料)

 


こんな依頼者にはハライチがおすすめ!

浮気調査を1回で成功させ、圧倒的な証拠を入手したい

相手にバレないことと、確実な証拠を手に入れること。

 

浮気調査はこの2点が確実でないと、費用のムダどころか有害です。

 

浮気の証拠とは、ラブホテル出入りなど決定的瞬間の写真です。

 

離婚裁判で証拠採用されるのもこの種の写真です。

 

メール通信記録とか、GPS位置情報では証拠にならないのです。

 

  • 顔写りが不鮮明で、「人違い」との抗弁も可能な写真
  • 「これだけでどうして男女関係と言えるのか?」と問い返される可能性のある写真

 

レベルの低い興信所に依頼すると、そんな写真を数枚渡されておしまい、ということがよくあります。

 

そんな写真では、相手は浮気を認めず、より巧妙に隠れて継続する可能性があります。

 

そうなると悪者は疑って探偵まで使ったあなたの方です。

 

「でも・・・やっぱり浮気では?」という、今も1日中苦しめられる疑念は消えません。

 

そして相手は警戒度を上げるので、再調査は非常に困難になります。

 

品質の低い調査をすると、調査前より事態が悪化するのです。

 

能力の低い探偵社に何度も頼み直して、大金を浪費している人もいますが、最悪のパターンです。

 

  • 見たら傷つくかもしれないが、絶対言い訳不可能な証拠写真を入手してほしい。
  • 再調査なんて費用面からも無理。絶対1回で成功させてほしい。

 

そういう人にはハライチをおすすめします。

 

ハライチ松山支社探偵に聞く

Q. 松山支社での浮気調査の様子を教えてください。

 

A. 松山市の人は地元で遊ぶ人が多いですね。

 

遠出のドライブも四国の中が多い。東西に広くて、いろいろな場所がありますから。

 

海沿いの道は不倫デートでもやはり人気のコースです。

 

もちろん、時にはしまなみ海道や瀬戸大橋を通って県外に出るケースもありますが、通行料金が高いせいか、やはり少ないです。

 

Q. 遠くに行かれた場合も強いですか?

 

A. 松山空港から飛行機を使われたり、岡山で新幹線に乗られたりしても、それは当社の得意分野です。

 

全国に支社がある点が圧倒的な強みになります。

 

長距離の車両尾行では、車両の種類と台数・業務無線といった装備が鍵になりますが、その面でも当社に勝るところはまずないと思います。

 

Q. 最終地点はラブホテルが多いですか?

 

A. ええ。

 

当社は全国に支社があるので、横浜のようにシティホテルの方がよく使われる地域やラブホテルが少ない地域もあると聞きます。

 

しかし、四国は全国平均的でラブホテルが一番多い現場です。

 

ラブホテルが何軒も集中して建っている所もありますし、何もない畑の真ん中にネオンをキラキラ輝かせて忽然と現れるラブホテルもあります。

 

古いラブホテルは、外の駐車場も薄暗く、調査員泣かせです。

 

最近のラブホテルは、ビジネスホテルのように明るく、健康的な感じさえ見受けられます。

 

私たちは職業柄、地域のラブホテルで、新しく建ったとか、リニューアルしたとか、閉館したなどの情報は、常にアップデートしています。

 

Q. 他地域の浮気調査との違いや注意点のようなものはありますか?

 

A. 松山市内では路面電車が走っていますが、車と信号が違うので単純に車では追えません。

 

電車・バス・車を組み合わせた方法を状況に応じて取るスキルが必要です。

 

新幹線尾行がない点は、本土の都市より少し楽です。

 

車両尾行においては、荒い運転の人が多いので、追尾に注意が必要です。

 

「伊予の早曲がり」という言葉があって、ウインカーを曲がる直前に出すことを指します。

 

信号の黄色は「気を付けて渡れ」位に思っている人が多いみたいです。危ない。(笑)

 

人探し

まずは家出の状況や自室の遺留物などから捜索先の優先順位を決めますが、そこからは人海戦術になります。

 

四国の中だけでも広いし、すでに大阪や東京に行っている可能性もあります。

 

ローカルの個人探偵が、浮気調査の合間に土地勘のない場所に出張して調べていたら、発見はいつになるかわかりません。

 

やはり人探しは全国に自社拠点があって、社員数も多い大手に頼むのが正解なのです。

 

特に次のような、発見にスピードを要する人探しはハライチがおすすめです。

 

  • 仕事に行き詰まって失踪した成人男性(自殺率が高い)
  • 未成年(事件に巻き込まれやすい)
  • 財布と携帯を置いて消えた人(生きる意思がない)

 

■ハライチ松山支社探偵に聞く

Q. 松山支社での家出人調査の様子を教えてください。

 

A. 家出人の行き先としては、四国八十八か所などは他地域にない場所でしょうね。

 

自殺をほのめかした失踪人や年配で信心深い人物像の失踪人、また若い失踪人・家出でもよくあります。

 

当社の場合、広大な八十八カ所を4ブロックに分けて、情報を整理蓄積し、また捜索活動を展開します。

 

宿泊所の情報なども完全に把握しています。

 

Q. そういう情報やコネクションは過去の捜索の蓄積ですか?

 

A. そうです。そうです。

 

例えばお寺に家出人のチラシを貼らせていただく。

 

そして家出人が見つかったら、後日ちゃんとお礼に行くわけです。

 

するとそのお寺とは信頼関係ができて、次の捜索の時は話が早い。

 

こういうものは一朝一夕にはできません。

 

長期にわたる誠実な活動によってのみ蓄積されるのです。

 

Q. そういうものを四国はもちろん、全国的に持っているわけですね。

 

A. そうです。「岡山に行ったらしい」「行き先は大阪のようだ」という情報が上がったら、岡山支社や大阪支社の探偵が即座に動きます。

 

そして現地で培った情報・コネクションをフル活用して、短時間で家出人を見つけだすのです。

 

Q. 道後温泉とかも行き先になりますか?

 

A. ええ。その近辺でも聞き込みは多数やっています。

 

だから、聞き込みをする順番・聞き込みが出来る時間帯・協力的また非協力的なホテル・小額で宿泊できる簡易的な場所、すべてを瞬時にリストアップして調査行動に移せる態勢にあります。

 

Q. 地域に密着しているんですね。

 

A. そうです。海や山に行かれた時も地元の人の協力を取り付けることは大切です。

 

自殺志願の人は蜜柑山などに向かうことも多いです。

 

そういう時は地元で聞き込みをしながら、細くて危険な一本道を車で昇って行ったりするわけです。

 

対向車があったりすると、転落の危険を冒しながらバックして道を譲ることになります。

 

まあ、いろいろ苦労はありますが、家出人を発見して家族に引き合わせることが出来た時のうれしさはひとしおです。

 

結婚詐欺調査、子供のいじめ調査、故人のお墓探し、など

探偵社・興信所の仕事内容は、浮気調査が7、人探しが2、その他が1くらいです。

 

これは全国どの業者でも似たり寄ったりの比率です。

 

よく「浮気調査専門」を謳う探偵社がありますが、特別な専門性があるわけではなく、どこの探偵社でも一番多い仕事に絞り込んでいるだけ、ということになります。

 

浮気調査と人探し以外では、素行調査、結婚前調査、盗聴器発見などが比較的多い仕事です。

 

しかし、結婚詐欺調査、ここ10年で増えてきた子供のいじめ調査、故人のお墓探しなどはさらに少なく、やや特殊な依頼に分類されます。

 

そういうものはまったく経験がない探偵社も多いのです。

 

浮気調査以外の仕事を頼むときは、必ず経験があるか問い、具体的に語れるかチェックしてください。

 

ハライチなら特殊な依頼も豊富な経験を持っており、安心です。

 

原一探偵・松山支社が基本料金半額クーポン提供中!